小学校入学への壁を乗り越える /Overcome the barriers to elementary school starting

小学校への入学を見据えたご家庭にとって、保育園/幼稚園の卒園というひとつの区切りを迎えるとともに、就学環境への適応という新たな課題に直面します。就学開始日の状態を想定し、課題のひとつひとつにどう対処するか考え向かい合っていかねばなりません。 For families looking to enter elementary school, they will face a new challenge of adapting to the school environment, as well as graduating of nursery school or kindergarten. Assuming the starting date of school, we have to think about how to deal with each of the issues. ≪日本の小学校における課題の例と確認事項の例≫-Examples of issues and confirmations in Japanese elementary schools 学級での生活面の課題は多くの場合、就学前相談を経て比較的、支援の依頼は受理いただけるものの、支援可能な範囲には限度があります。 【各課題における着地見込み】 【支援依頼】学校側での対策をお願いできるもの【自助努力】入学前に本人やご家族の努力/工夫で克服/体得を目指すもの【自助努力】入学後に、困難を受忍しながら順を追って克服/体得を目指すもの 軟骨無形成症の就学前児童が抱える課題の多くは、物理的な身体のハンディに伴うことから入学前にすべてを克服するのは困難であるため自助努力を視野に向かい合うことは必然となります。以下は自助努力を進めるうえでの簡単な工夫例をご紹介します。 In many cases, those issues of school life are relatively accepted through pre-school consultations, but there is a limit to the scope to which support can be provided. [Expected landing in each issue] 1. [Request for support] What the school could be acceptable for measures 2. [Self-help efforts] What—-

軟骨無形成症の子供のための水泳療法 / Swimming Exercises for Babies with Achondroplasia

ALPE FOUNDATIONより「軟骨無形成症の子供のための水泳療法」と題したフィジカルセラピーの実践方法についてご案内いただきました。子どもの軟骨無形成症患者の筋肉を付けるうえで非常に効果的であることから、欧州のみならず多くの国で実践されています。 実践の際には、中耳炎予防のためのイヤーキャップをお忘れなく。 ALPE FOUNDATION shared this article with GTA, and we translate that into Japanese. Swimming Exercises is one of the way of therapy to make complications minimum. Since it is really helpful to add children’s with ACH muscle build, there are lots of cases to do this not only in Europe but also many other contries. When you try this exercise, don’t miss to ear cap to prevent otitis media. ====================== Swimming exercises for babies with achondroplasia 軟骨無形成症の子供のための水泳療法

【翻訳中】軟骨無形成症(0~5歳児):セラピー・ガイドライン / Translating “ACHONDROPLASIA (0-5 YEARS OF AGE): THERAPY GUIDELINES”

GLORY TO ACHONDROPLASIAにお問合せくださった方が、今般、当該ガイドラインの翻訳に従事してくれています。いくつかの重要な示唆があり、海外では実に一般的でよく読まれているガイドラインのようです。発行元に許可を得て、日本語の仮訳をリリースし、近い将来、日本の皆様のお役に立てれば幸いです。