2年ぶり、遂に鼓膜チューブを除去 / After 2 Year Finally Taking Ear Tubes away

耳管が通常の子どもと比べ細くつまり安くなることで発生する滲出性中耳炎。その結果生じる難聴、および言語発達に悩んだうえでの鼓膜切開手術。あれは実に2年と3か月前のことでした。

年月を経て、ついに、鼓膜チューブを除去する日がやってきました。

He had a bilateral chronic otitis, due to narrowing in her Eustachian tubes. These tubes allow the middle ear to drain causes effusion in both ears to hard of hearing and to its impediment. So we decided to precede eardrum incision surgery 2 years and 3 months ago.

Now it was the time to taking it away.

時間は両耳でものの2-3分程度。It had done after a couple of minutes.

今回、チューブの除去に踏み切った判断基準は次の通り。

・2年以上格納することによって、切開した穴(切開孔)がふさがり難くなる。

・平時の耳の聞こえは、若干だがチューブを伴わない聞こえと比べやや劣る。

・10%程度の確率で、そもそも穴が塞がらないケースがある。これはチューブをしているのとほぼ同じ状況。

In this time, the criteria of our decision to proceed the taking away are below;

・there are high possibility to be difficult to close the hole by the tubes to be taken away if the tube have stayed more than 2 years

・there are around 10 % that the hole were not to be closed. The situation is almost same as staying tubes.

とにかく、再発・再手術のリスクを受忍しながらも、切開孔が塞がることの手ごたえを得て、かつ耳の聞こえを正常に戻すことを優先しました。

We decide to certain if Eigo has the possibility to close its holes and to recover his hearing ability with taking risk to have otitis media and its operation again .

チューブを挿入する手術(正式には「鼓膜チューブ留置術」)は、軟骨無形成症患者にとって厄介な合併症である滲出性中耳炎の重要な処置のひとつです。切開孔を通して、空気が出入りするために、耳管からは不十分だった中耳腔の換気が十分に行われるように期待するものです。

したがって、チューブ除去後は、風邪はもちろん外部から耳に水が入らないように注意していきます。対策として、入浴時には、イヤーキャップなどを着用し、外部からの水の流入を防ぎます。

日本ではこれから冬季を迎えます。我が家では再び日常生活に合併症対策を融合して、我が子と向かい合っていく所存です。

The operation to insert ear tube is one of the most important operations for otitis media that is a complication of the patients with achondroplasia. After taking away tubes, we should avoid catching a cold and getting water into ears from outside. As the countermeasure, we can use ear cap to avoid the water entering.

We are going to have winter from now on here in Japan. We would like to face the complications again to unite our daily life doing and the countermeasure.

コメントを残す