グローリー・パーソン with ACH西村大樹、2020年東京パラリンピックのセレモニーダンサーの出演を目指す/ Daiki Nishimura, Glorious Person with ACH who dreams performing at the ceremonies upcoming in Tokyo Paralympic Games

グローリー・パーソン with ACHでご登壇頂いた西村大樹さんは、去年東京渋谷区に職場を移し、子ども達に身体表現活動を教える仕事に従事しています。そんな彼は、新たな目標を定め、かけがえのないダンス仲間と共に2020年東京パラリンピックのセレモニーダンサーの出演を目指しています。障がい有するかは不問にして、健常者との共作がダイバーシティ・インクルージョンの鍵となることを信じ邁進している様がNHK WORLD JAPANに放映されています。
※コンテンツは、2018年10月中旬頃まで掲載される見込みです。

Daiki Nishimura, Glorious Person with ACH had moved his job in Shibuya-ku and teach Physical Education through Dance for children. Now he set new goal performing at the ceremonies upcoming in Tokyo Paralympic Games with precious colleagues. His efforts is broadcasted on internet program named NHK WORLD JAPAN. It is one of a key to realize diversity inclusion that makes mutual activities between people with disability and normal. This progam will be available until middle of October 2018.

-Begging of the VIDEO

==========================

“Daiki Nishimura uses his whole body to show off dynamic dance moves. He practices at least 4 days a week. He was born with a condition that limited bone growth. But he has never let stop him from challenging himself what pushing his boundaries. He became absorbed in dancing when he started in his junior high. When Tokyo was selected to host the next Paralympics, he set the goal.”
西村大樹さんは、常に全身を使ってダンスに励んでいます。1週間に少なくとも4日はダンスに集中するという。骨の成長に支障をきたす先天性疾患を持って産まれながらも、彼はこれまで自分の限界にチャレンジすることを諦めず常に向上心をもって立ちはだかる壁を越えてきました。そんな彼がダンスに魅了されライフワークとして始めたのは中学の頃。年月は経過し、東京でパラリンピックが開催されると決まった折、新たなゴールが見出された。

==========================

西村さんは、中期的なゴールを2020年東京パラリンピックのセレモニー・ダンスへの出演を見据えつつも、そらにその先にある長期的なゴールを多様なマイノリティーの人々の個性を認め合い、支え合いながら生きがいを見出していける社会を目指しています。
Once he set the goal performing at the ceremonies upcoming in Tokyo Paralympic Games, but also he is aiming a society that all minority people could be recognized their personality, got supports and finally they can find motivation in their lives.

コメントを残す