乗り物酔いの薬 臨床試験へ /clinical trial of Mekurozin

昨日の中日新聞の夕刊一面に掲載されたようです。他のソースを当たってみましたが、見つかりませんでした。

1年前の12月に研究発表のあった「酔い止めの薬:メクロジン」が、ついに臨床試験に入るようです。

乗り物酔いの薬で低身長の難病治療 名古屋大准教授ら臨床試験へ

http://www.chunichi.co.jp/article/front/list/CK2015012002000266.html

 

 

 

・幼児の服用について、安全性の保障はないため、酔い止め以外の用途で服用するのは禁物

 

薬局でも普通に買い求められる薬ではありますが一般の市販薬では3歳以上に1錠とされおり我が子が酔い止め用途として服用できるのもあと1年以上先です。

 

Yesterday, My friend informed me the news that medical treatment of dwarfism by using mekurozin. The press which is named Chunichi Shinbun( Local Press at almost Nagoya area)  reported at its main page of evening edition on Jan. 20th.

The key points are below.

・Clinical trial is started from 2015 at the earliest.

.  the Case of mouse, after 3 weeks to get growth by taking  the medcine

・it is dangerous for   infant and so on. using except to avoid suffering from motion sichness

Usually it is said that it is for  3 years old or more older. Eigo is going to take it after 1 year but it is also dangerous to take much more normal use.

 

 

 

コメントを残す