滲出性中耳炎、手術前最終診断/Final medical examination before operation

来る8月28日のオペに備えて、術前最終診察に行ってきました。

滲出性中耳炎の治療に向けた、貯留液抽出のための鼓膜の切開とチューブ挿入手術になります。

※チューブは、2年ほど挿入したままにするのが一般的なようです。

小児科、麻酔科、レントゲン、心電図、身長・体重計測を終え、最後の診察を耳鼻科で受けたときは流石に疲れました。

疲れながらも大事な手術のリスクに関して話を伺います。

様々なケースがあるようですが、何といってもこの手術特有のリスクは、主に術後において、次のことが想定されます。

  1. チューブがあっさり外れてしまうある
  2. 穿孔したまま鼓膜が塞がらなくなる
  3. 細菌に感染し、激しい耳垂れを起こす

 

手術なんてしたくはないのですが、鼓膜内部の貯留液は薬を飲んでも結局改善されなかったので、もはや仕方がない状況です。

 

手術は前泊となり、原生な食事制限を行い、当日の1時間のオペを予定します。

また当日を迎えるにあたり、幼児が安全に手術に臨めるべく、良好なコンディションを保つため、術前の最低2週間、風邪、発熱、喘息の発作の類は、一切発症しないことが条件とされます。

今のところ、それほど体調は悪くはありません。このまま当日を迎えれることを願っています。

 

We went to the hospital to be diagnosed medical exammination before operation .

This operation is to treat for secretory otitis media that is to open tympanums and insert tubes  to discard lquide inside.

※generally this tube is needed for  several years

In this  day, we went pediatrics, taken x-ray, measurement,  electrocardiogram and ent finally, we were tired.

We listened to doctor saying the risk of this operation.

Tyipically,  there are main risks after operation below.

  1. tube is easy to be taken away
  2. tympanums no being closed naturally
  3. infeceted and other liquide flowing outside from ears.

We don’t want to be taken medical operation, but it can’t be avoided because his ears no cure for several months.

We have to stay hospital one day before operation, and meal is to be administrated for appropriate, then Eigo is going to get operation for 1 hour.

And it is absolutely to be obeyed that no infection, asthmatic attack and fever to keep at least 2 weeks.

I do hope Eigo will keep well until that day.

≪X-ray≫

X-ray

≪ electrocardiogram≫

shindenzu

≪measurement≫

IMG_6029

≪waiting room≫

IMG_6031

 

コメントを残す