2語のフレーズを話せるように/Said 2 word phrases

エイゴ、2歳8か月。ようやく2語のフレーズを話すことができるようになりました。

“これ・いや”、“電車・みたい”、“さえちゃん(お姉ちゃん)・おいで”、という感じです。

ようやく米国のガイドラインで示される平均値の半年遅れにまで挽回してきました。(赤色表記部分参照)

1語(しかも4文字)しか話せなかった10月時点では、約1年の遅れがありましたので、急激な成長だと言えます。

残りは、ショートセンテンスを話せるようになること。

It has past 2 years and 8 months since Eigo’s birth.  He can say 2 word phrases at last.

Like  “No, this.”, “See a train!”, “Hey, sister!” and so on.

He recovered rapidly from a half year delay comapred to benchmark of screening tests with “Health Supervision for Children With Achondroplasia” that is guideline in America which was revised in 2005.

Last Oct., it was almost 1 year delayed .

The final target in near future is for him to say short sentences.

0119

Source: PEDIATRICS Vol. 116 No. 3 September 2005 “Health Supervision for Children With Achondroplasia”

実は、この間、次のような試行錯誤をしていました。

  1. 家庭、及び保育園で、とにかく会話の機会を増やす(10月~)
  2. 中国鍼灸治療の開始(11月~)
  3. パワースポット巡り(9月下旬、及び11月の2回)

集中的に、尽力した理由は、滲出性中耳炎の手術(8月下旬)後の2か月間、あまり言語力が伸びなかったからです。

もともと、片耳の聴力は、良好だったことから、難聴が原因で、言語の発達に影響したとは考え難く、理由は別にあるものだと思案していました。

何が功を奏しているかは不明ですが、脳への働きかけ、そして、自律神経を促す試みを継続していたところ、この数か月で急激に言語力が伸びてきました。

Actually, I have been trying these few things:

  1. Increasing opportunities to talk to Eigo and respond to him. (last Oct.~)
  2. Start taking him to Chinese acupuncture and moxibustion (from last Nov.~)
  3. Travel to a location thought to be flowing with mystical energy for spiritual healing(twice: last Sep. and Nov.)

 

I have been trying so hard because Eigo has not improved his language skills enough even if after his operation of the otitis media last Aug.

Since one ear listening ability has not been so bad, it is not natural to think that was caused by hard of hearing.

I’m not sure of the cause. One thing for sure is that his language skills has improved rapidly since I started to stimulate his brain and automatic nerve.

IMG_0299

コメントを残す