手術を終え、自宅に戻れました/After the operation went back home

手術は今朝終わりました。泣きながら手術室に入った栄護でしたが、時間はほんの1時間。 その後、しばらく寝て起きた栄護は、プレイルームで元気よく遊び、診断を経て、夕方には自宅に帰ることができました。 昨日と今日と尽力した家内—-

手術前日入院/One day before operation

8月27日、翌日に滲出性中耳炎の手術を控え、栄護は前日入院を致しました。 最終的な体調のチェックと、食事制限を踏まえることが前泊入院の目的です。 ※食事制限は、全身麻酔をかけ眠りにつく最中、嘔吐物で気道が確保できなくなる—-

滲出性中耳炎、手術前最終診断/Final medical examination before operation

来る8月28日のオペに備えて、術前最終診察に行ってきました。 滲出性中耳炎の治療に向けた、貯留液抽出のための鼓膜の切開とチューブ挿入手術になります。 ※チューブは、2年ほど挿入したままにするのが一般的なようです。 小児科—-

“鼻風船”で中耳炎を治療, 英研究/ Nasal Balloon Treats Hearing Loss in Children with Otitis Media

栄護の滲出性中耳炎の手術を今月に控え、画期的なニュースを目にしました。 従来、エビデンスが少なかったようですが、今回、英Southampton大学の研究で、当該医療器具(鼻風船)が中耳炎の治療に効果があるとの結果が出まし—-

児童発達支援センターに行ってきました/went to the center for children’s improvement

懸案の言語の遅れを是正すべく、児童発達支援センターを訪ねました。 体験診断での予約を取ること一か月後、ようやく診てもらうことができました。 待機児童が多く、あくまで体験診断での位置づけです。診断科目は言語と体の2科目。 —-

中耳炎治らず、手術へ/ Otitis did not recovered, Operation must be executed

前回の耳鼻科の診断を踏まえ、中耳炎が完治しているかの再検査を実施しました。 やはりというべきか、中耳炎は一向に良くなっておらず、鼓膜内の貯留液がぎっしりと溜まっている状況でした。(写真の白い部分がそれです) 難聴からくる—-

MRIの定期検診、頭囲がやや大きく/ Neurosurgery Check‐up of MRI, Head Circumferrence Got Bigger

MRIの定期検診です。私は初めて同行します。何もないことを祈り、結果ただひたすらに結果を待ちます。随分と長く感じました。   MRIの結果、特に大きな問題は見つからず、狭窄による手術の緊急性も今はないとのことで—-

言葉の発達相談/counseling of linguistic development

区の保健課が実施する「言葉の発達相談」に参加しました。 難聴の栄護でも耳に残る投げかけです。 カウンセラーの音色に従い、栄護が真似をします。これを機に毎日自宅で練習します。 We had launguage counse—-

歩行療育を開始 / Starting rehabilitation to walk

1歳7か月を迎えました。 高這いや掴まり立ちができて数か月になりますがまだまだ歩行には至りません。 軟骨無形成症の子どもの成長はゆっくりです。かつ個人差が激しく、歩行開始時は生後1年数か月~2年半と幅もあると聞きます。 —-

CT定期検査、異常なしとの吉報/good news that no disorder of CT exam

本日は半年に一度の定期検査の日。軟骨無形成症患者の幼児が経験する定期健診は親としては我が子の無事を確認する節目といっても過言ではありません。 栄護の場合、アメリカからの帰国後、頭囲が急激に拡張したなど、水頭症や硬膜下出血—-