手術を終え、自宅に戻れました/After the operation went back home

IMG_6094

手術は今朝終わりました。泣きながら手術室に入った栄護でしたが、時間はほんの1時間。

その後、しばらく寝て起きた栄護は、プレイルームで元気よく遊び、診断を経て、夕方には自宅に帰ることができました。

昨日と今日と尽力した家内、皆様のご支援やご声援に心から感しています。

The operation was finished in the morning. Eig entered the operating room with cring so hard.

After the operaton for one hour, he was several sleeping several hours and got up and stayed playing room.

He was dignosed as good, so he could go back home in the evening time.

I am really appriciate for my wife devoting yesterday and today, everyone’s help and cheering up.

IMG_6099

IMG_6063

今日の手術は、鼓膜を切開し、鼓膜内部の滲出液を取り除き、ごくごく小さなチューブを挿入するというもの。

夕方、栄護が寝る前に、私は、帰宅でき、彼と会話する中で、明らかにヒアリングの状態が改善されていることを確信しました。

加えて、いつも以上によく笑い、活発に動きまわっていたのです。難聴を回復し、言語スキルを向上させ、1年近くにもなるその遅れを取り戻すことに意気込んでいます。

This operation was to treat for secretory otitis media that is to open tympanums and insert tubes  to discard lquide in typanum.

before he sleep at night, I went home and see and communicati wite Eigo. I am really sure Eigo’s hearing condition has got quite good.

And he laughed and move more active than he did since then.  I’m looking forward to his recover difficulty of hearing,  improving lauguage skill and retriving delay of it that is nealy 1 year.

ear2

出典:宮崎大学医学部資料に加筆 / Miyazaki University and written somehow by myself

サンプルピクチャーになりますが、滲出性中耳炎の術前・術後を次に記します。おわかりにとおり緑がチューブです。

再発を防ぐため、これを2年間、鼓膜に刺したままにしておいたほうがよいのですが、よく外れてしまうようです。

it showes the sample pic. before and after the operation of secretary otitis media. The green one is tube, you know.

It had beter to keep it for 2 years. Because this desease is easy to got again and again.

practice03 practice04

さて、ひとつやっかいなリスクがあります。20人に1人の確率ではあるのですが、鼓膜が塞がらない(穿孔)状態になってしまうケースがあるようです。

鼓膜をふさぐ手術は7歳以上と、これまた早期に外れれば厄介な事態になってしまいます。

One risk, tube is too small to keep easily. it often to be taken often naturally.

In 1/20 ratio, treparation occurs like this below.  Although we are to be taken operation, it is available for 7 years and older.

practice01

出典:佐賀大学医学部 Saga University

2 件のコメント

  1. あずき 返信

    こんばんは。
    遅くなりましたが、栄護くんの手術が無事に終わられた記事を拝読し、
    勝手ながらも安心致しました。ご家族の皆様もお疲れ様でした。
    娘も年内に栄護くんと同じ手術を受けることになりました。
    娘にとって必要なこととして頭では理解しているものの、
    説明を聞いているうちに、複雑な気持ちになったりしました。
    娘の場合は難聴問題より、中耳炎悪化、重症化を未然に防ぐことが
    目的です。詳しく投稿頂いて感謝しております。

    • eihakuitooka 投稿者返信

      こんばんは!
      年内に手術されるんですね。重症化の未然防止でもよく勧められると伺っています。
      私は当日立ち上げず、職場でなかなか不安が取れなかったのですが、術後が目がせめてすっごく元気だという知らせに安堵したのを覚えています。
      手術前に、リスクについて説明がありますが、あまり心配ないと思います。

      本件に関わらずまた投稿いたしますね。ご無沙汰してすみません。

コメントを残す