“GLORY Person With ACH” 小さなモデル・俳優・イラストレーター 後藤仁美さんトークイベント / Talk Event on “Glorious Person With ACH” Hitomi Goto, A Japanese Little Model, An Actress, An Illustrator

軟骨無形成症を有しながら類まれな個性と才能で活躍するグローリーな方々からのインタビューをご提供するシリーズ企画 ”GLORY Person with Achondroplasia”第5弾を、2021年10月31日(日)世界小人症月間の最終日に開催します。今回は、TOKYO2020パラリンピックの閉会式で華麗なドラムを披露した後藤仁美さんをお招きし、オンライン・トークイベント形式でお送りします。

後藤仁美さんは、幼い頃から絵を描くことやドラム、ファッションが大好きで、イラストとデザインの専門学校を卒業しました。洋服のお直しやデザイン関連の仕事を経て、現在は、小さな身体を活かして、ファッションショーや舞台で、モデルや俳優業を主として活躍しています。

本トークイベントでは、そんな後藤仁美さんが経験した、多くの人との出会い、TOKYO2020といった大舞台への挑戦を通じて得られた人間観・世界観の広がりについて語っていただきます。

インタビュアーには、軟骨無形成症のご息女をお持ちで一般社団法人 日本サステナブル・ラベル協会(JSL)代表/日本エシカル推進協議会 副会長の山口真奈美さんをお招きし、当事者ご家族の視点および倫理・透明性の見地から、後藤仁美さんの夢(当たり前の存在になりたい)の核心に迫っていただきます。

【開催概要】

□開催日時:2021年10月31日(日)19:00-20:00

□実施形式:オンライン(利用ツール:ZOOM(参加者数によっては変更の可能性もあります))

□お申込み:こちらのフォームよりご記入ください。

※当日の1週間前を目途にアクセス方法その他の詳細をお送りいたします。

<スピーカー・プロフィール>

後藤 仁美さん

▷身長115cm 幼稚園年長(6歳)くらいの背丈

▷軟骨無形成症・小人症

▷デザイナー・イラストレーター

デザイン系の専門学校卒業後フリーランスで活動

・2015年6月初の個展「歓びの色をのせたら」を開催

・コンサートチラシやパンフレットなどのデザイン多数

▷ファッションショーモデル

・東京コレクション2016SS「tenbo」

・バリコレ2016

・ちばフリ

・USATO展示会ショーモデル

・MAZEKOZEファッションショー2017

・TOKYO RAINBOW PRIDE 2017

   Get in Touch フロートモデル

・国際ドワーフファッションショー2016 inTOKYO 日本代表モデル 他

▷舞台

2017年「天願版 カリガリ博士」出演

2017年「月夜のからくりハウス」出演

2018年「衣衣 KINUGINU 」出演

2018年「青ひげ公の城」 出演

2019年「名探偵ドイル君〜幽鬼屋敷の惨劇〜」出演

2021年「月夜のからくりハウス 渋谷の巻」出演

▷映画

2018年 「クソ野郎と美しき世界」出演

▷Music Video

2018年 DIR EN GREY「Ranunculus」出演

▷テレビ番組

・NHK Eテレ 「バリバラ」

・NHK Eテレ 「ハートネットTV」

▷テレビドラマ

  • NHK BSプレミアム「黒蜥蜴」小黒蜥蜴役 出演

▷その他

TOKYO2020 公式文化プログラム「MAZEKOZEアイランドツアー」出演

TOKYO2020 パラリンピック閉会式 ドラム演奏 出演

Source: ちびたAmebaBlog

<インタビュアー・プロフィール>
山口 真奈美さん

サステナビリティ・アドバイザー

一般社団法人 日本サステナブル・ラベル協会 代表理事

一般社団法人 日本エシカル推進協議会 副会長 

▷サステナビリティに関するコンサルティング・アドバイザリーや、教育研修・ライフスタイルの提案などを手掛ける。
▷専門は、持続可能な責任ある調達、国際認証、生物多様性、CSR、SDGs、エシカル消費など。
▷研究所勤務を経て2003年独立、環境・CSR・サステナビリティ分野に従事。
▷外資系認証機関日本法人立ち上げおよび代表も12年兼務。

▷2017年日本サステナブル・ラベル協会設立、環境や社会に配慮した持続可能な国際基準を軸に、多岐にわたる認証を支援。
▷持続可能なサプライチェーンとビジネスの構築、サステナブル・ライフスタイルが浸透する社会変革を目指し、(一社)日本エシカル推進協議会 副会長、環境ビジネス総合研究所 理事長、オーガニック関連団体の理事等、様々な活動にも従事。
▷軟骨無形成症の娘と、ダイバーシティ社会の実現を願う二児の母でもある。

<世界小人症月間/世界小人症の日>

10月を「小人症意識月間」”Dwarfism Awareness Month“と定め、海外では小人症への理解、彼らの社会参加を実現すべく当月に様々なイベントが開催されます(※1)。中でも10月25日を世界小人症啓発の日”World Dwarfism Awareness Day/Internarial dwarfism Awareness“として社会的平等を訴えたり、周りの友人・知人に向けて小人症を知るきっかけを与えたりするなど人々の意識を高める活動に邁進する動きが見られます(※2) 。日本においても細やかながら皆様や周りの方々に世界の動きをお伝えできれば幸甚です。
GTAでは、2016年10月26日にインターナショナル・ドワーフ・ファッションショーの東京開催を支援して以来、当啓発月間を意識しています。(※3)。

※1 : LPA Declares October National Dwarfism Awareness Month
※2 : LPUK International Dwarfism Awareness Day
※3 : International Dwarf Fashion Show in Tokyo

The fifth of the series project ” Glorious Person with Achondroplasia” will be held on the last day of World Dwarf Awareness Month on Sunday, October 31, 2021, providing interviews of Glorious Person who is active in exceptional individuality and talent even with achondroplasia. We will invite Hitomi Goto, who performed a brilliant drum at the closing ceremony of the TOKYO 2020 Paralympics game, and have an online talk event with her.

Hitomi Goto has loved drawing, drums, and fashion since she was a child, and graduated from a vocational school of illustration and design. After working for remodeling of clothes and design, she currently acts as a little model, an actress in fashion shows and stages.

In this talk event, she will talk about how her view of humanity and the world got expanded through the encounters with many people and the challenge to the big stage such as TOKYO 2020 that Hitomi Goto experienced.

Interviewers will be invited by Manami Yamaguchi, representative of the JAPAN SUSTAINABLE LABELS ASSOCIATION (JSL) and vice president of the Japan Ethical Initiative, who has a daughter with achondroplasia, to strike at the heart of Hitomi Goto’s core beliefs dream (being normal) from the perspective of the families concerned and ethics and transparency.

【Outline】

Date and time: Sunday, October 31, 2021, 19:00-20:00

Implementation: Online (ZOOM (might be changed depending on the number of participants))

Application: Please fill out this form.

* We will send you access methods and other details around one week before the event.

<Speaker Profile>

▷ Height 115cm Kindergarten senior (6 years old) tall

▷ Chondroplastic and dewars

▷ Designer and Illustrator

After graduating from a design vocational school, I worked freelance

・ Held his first solo exhibition in June 2015, “I’ll Put The Color of Joy”

・ Many designs such as concert flyers and pamphlets

▷ Fashion Show Models

Tokyo Collection 2016SS “Tenbo”

Barikore 2016

Chiba Furi

USATO exhibition show model

MAZEKOZE Fashion Show 2017

TOKYO RAINBOW PRIDE 2017

   Get in Touch float model

・ International Dwarf Fashion Show 2016 in Tokyo Japan National Team Model, etc.

▷ Stage

2017 “Tenka version Dr. Caligari” appearance

Appeared in 2017 “Moonlight Karakuri House”

Appeared in 2018 “Clothing KINUGINU”

2018 “Bluebeard’s Castle” appearance

Appeared in 2019 “Detective Doyle-kun – The Scourge of The Demon House”

Appeared in 2021 “Tsukiya no Karakuri House Shibuya No Maki”

▷ Movies

2018 Bastards and the Beautiful World Appearance

▷ Music Video

2018 APPEARED ON DIR EN GREY “Ranunculus”

▷ TV shows

NHK E-TELE “Balibara”

NHK E-TELE “Hartnet TV”

▷ TV drama

・ NHK BS Premium “Kurokon” Oguro Ryojo

▷Others

TOKYO2020 Official Cultural Program “MAZEKOZE Island Tour” Appearance

TOKYO2020 Paralympics Closing Ceremony Drum Performance

Source: ちびたAmebaBlog

<Interviewer Profile>

Manami Yamaguchi

Sustainability Advisor

Representative Director, JAPAN SUSTAINABLE LABELS ASSOCIATION (JSL)

Vice-Chairman, Japan Ethical Initiatives

▷ Engaged in consulting and advisory on sustainability, education, training, lifestyle proposals, etc.

▷ Specializes in sustainable responsible sourcing, international certification, biodiversity, CSR, SDGs, ethical consumption, etc.

▷After working at the Institute, became independent in 2003 and engaged in the fields of environment, CSR, and sustainability.

▷ Also served as a representative and 12 years of establishment and representative of a Japanese subsidiary of a foreign-affiliated certification body.

▷ Established the Japan Sustainable Label Association in 2017, supported a wide range of certifications centered on sustainable international standards that take into account the environment and society.

▷ With the aim of building sustainable supply chains and businesses and social change where sustainable lifestyles permeate, has also been engaged in various activities such as vice chairman of the Japan Ethical Initiative, chairman of the Environmental Business Research Institute, and director of organically related organizations.

▷ Wish to realize a diverse society being a mother who has two children, a daughter with Achondroplasia

<World Dwarfism Month / World Dwarfism Day>

October is designated as “Dwarfism Awareness Month”, and various events will be held overseas this month to realize an understanding of dwarfism and their social participation (* 1). Among them, October 25th is designated as “World Dwarfism Awareness Day / Internarial dwarfism Awareness” to appeal for social equality and to allow friends and acquaintances to learn about dwarfism. There are movements to push forward with activities to raise people’s awareness (* 2). It would be greatly appreciated if we could convey the movements of the world to everyone and those around us, even in Japan.
On October 26, 2016, the International Dwarf Fashion Show was held in Tokyo. (* 3).

※1; LPA Declares October National Dwarfism Awareness Month
※2: LPUK International Dwarfism Awareness Day
※3: International Dwarf Fashion Show in Tokyo

コメントを残す