記憶力の発達を感じるエピソード/episode of the growth of memory

姉の習い事に付き添った栄護。靴箱には30足あまりの靴が入っています。

何気なく、姉の靴を中に入れました。

帰る際、何と、大量の靴の中から、見事、姉の靴を探し出し帰宅を促してくれたんですね。

実をいうと、2歳に近づくにつれ、言葉の発達が遅いとの診断を受けたことから、脳の発達をものすごく心配していたのですが、こうした機転の効きようには、彼なりの発達の得手不得手があることを実感します。

He went to elder sisters’s clam school. We had a shoe shelf so crowded.There were  at least 30 shoes.

In leaving, Eigo found her shoe in the self with no hesitation. The story I heard from my wife is so unbelievable.

To tell the trush I have feld Eigo is to late to talk comparing other children nevertheless he has been two years.

Eigo’s memory is quite well.

unnamed

コメントを残す