軟骨無形成症の子供のための水泳療法 / Swimming Exercises for Babies with Achondroplasia

ALPE FOUNDATIONがGTAに「軟骨無形成症の子供のための水泳療法」と題した基本的な実践方法を共有してくれました。(和訳:GTA)

水泳療法は、合併症を抑えるセラピーの一種です。子どもの軟骨無形成症患者の筋肉をつけるうえで非常に効果的であることから、欧州のみならず多くの国で実践されています。

実践の際には、中耳炎予防のためのイヤーキャップをどうぞお忘れなく。

ALPE FOUNDATION shared this article with GTA, and we translate that into Japanese.

Swimming Exercises is one of the way of therapy to make complications minimum.

Since it is really helpful to add children’s with ACH muscle build, there are lots of cases to do this not only in Europe but also many other contries.

When you try this exercise, don’t miss to ear cap to prevent otitis media.

======================

Swimming exercises for babies with achondroplasia

軟骨無形成症の子供のための水泳療法

3-12 months

1.3-12ヶ月の子供のための水泳療法

 

Habituation

■習慣にしましょう

Get the baby into the habit to be in water though making him feel it in the face, arms, body and legs.

顔、腕、体、足を水に触れさせることで水に慣れさせます。

 

De-contraction

■筋肉の緊張を和らげましょう

Favor the tonic balance, that is, easy the contraction appearing when putting him or her into the water.

水に入ることで、筋肉の緊張を和らげます。

 

Posture control

■水中で姿勢を整えましょう

Baby on his or her back (aligned hips, head and knees); if the baby rejects the position (it can be frequent) we must try to help with the aid of our look, contact and the use of objects.

仰向け(腰、頭、膝を真っ直ぐにする): もし子供が嫌がるようであれば(実際はいよく嫌がります)、私たちの視線や接し方、物を使ってあやすなど工夫して、手助けしましょう。

 

First, we will hold the baby lying on our arms, offering him/her as wide a contact surface as possible and our face close to his or hers. We will wait for the baby to become familiar with the position.

まず、子どもを出来るだけ広く水面と接するように、私たちの腕の上に寝かせ、顔を近づけます。そして、子供がその姿勢に慣れるのを待ちます。

 

After being familiar with the position, we will hold him or her with just one hand under his or her neck y the palm of our other hand in his/her coccyx (tailbone); our thumb and index finger lean on his/her bottocks.

その姿勢に慣れた後、首の下を片手で支え尾骨の部分をもう片方の手のひらで支えます。支え方は、親指と人差し指をお尻のあたりに添えるようにしましょう。

 

Once the baby has a relaxed muscle tone (not tense) and he/she appears receptive, we will progressively retiring the hand from the coccyx holding him/her only with one hand.

緊張がなくなりリラックスした状態になったら、少しずつ尾骨から片方の手を外しもう片方の手で支えるようにします。

 

Finally, we will alternate the support of the hands (one and then another) until the baby starts keeping the flotation.

そして、子供が浮き続けるようになるまで片手(もう一方の手を交互に利用)で補助します。

 

Respiratory control

■呼吸のコントロール

We must exercise the glottis reflect, or its automatism, immersing him/her for a few seconds. This exercise will be done with the exercises above, as the baby rotates his/her face to the side.

子供を数秒間、水に浸けることで声門の反射運動(※)を行う必要があります。子供が顔を横に向けている時に水に浸けながらこの反射運動を行います。

※反射運動とは:反射によって起こる無意識な筋の運動

 

Stimulation of alternative movements of legs

■足を交互に動かし刺激させましょう

Although the baby hasn’t started to voluntarily march it will be nevertheless good to stimulate her/his lower limbs. This will be done by holding his/her hips on a back position and actually doing the movement she has to end up doing on her/his own. This will be done rhythmically, carefully and with a slow sliding.

この時期の子供はまだ自分で歩き始めることができませんが、足を刺激する事には効果的です。仰向けの状態で腰骨を持ち実際に動く事で足を刺激する事ができ、最終的には自分自身でできるようになります。これはリズミカルに注意深くゆっくり行いましょう。

 

Crawling and manipulative practice

■腹這いや体制を整える練習をしましょう

On his/her belly we can play with the possibility of the world ob objects, with different materials, with games like presence/absence, with tapestry…

腹這いする体制で、様々な道具、ゲームやタペストリーを使って遊びながら楽しく練習します。

 

Flotation

■体を浮かせましょう

Once he/she has acquired a postural control and a relaxation, flotation will come as a consequence. So, the support of the hands will alternate.

体制を維持することができ、リラックスする事が出来たら浮く事が出来きます。手によるサポートは交互に行って下さい。

 

12-24 months

2.12-24ヶ月の子供のための水泳療法

 

We will try to ensure the habituation and adaptation to the water and the acquisition of balance.

水に入ることを習慣化し、適応させます。また、バランス感覚を身につけるように練習していきます。

 

Balance

■水中でのバランスを整えます

Stand behind the baby, with the support above described of the alternation between one hand and the other under his/her neck, with the fingertips on the baby’s shoulders.

子供の後ろ側に立って肩を指先で支え、先述のとおり首の下を片手を交互にサポートします。

 

We will slowly and rhythmically make him/her oscillate left and right, so the baby starts to answer with an opposite reaction movement. It is good to brig his/her feet near the overflow drain in order to make him/her lean his/her feet soles; with light impulses towards the wall he/she will feeling and learning the movement and tension of his/her legs.

ゆっくりとリズミカルに左右に揺らすと、揺れとは反対方向に動こうとし始めます。子どもの足をプールサイドの排水溝側に向け足の裏を寄り掛からせます。つまり、壁のような物から受ける軽い衝撃により足の動きと力の入れ具合を感じ取り学ぶ事ができます。

 

Basic motricity

■基本的な動きを身に付けましょう

― Postural adjustment: we will try to correct and adjust gestures and postures which take functionality from his/her movements.

– 姿勢の調整:身振りや姿勢を修正し、的確に調整できるように練習する必要があります。

 

― Turning over: the baby must be already able to keep balance autonomously. We will unbalance him/her until he/she is on his/her side so he/she reacts searching a way out for his/her breathing airways. Since now on, we will propose turning over situations consisting on the full turning over, 360o, slowly, with one of our hands on the shoulder we are going to push and the other under the shoulder we are going to pull. We will show him or her the way out, keeping close.

– 寝返り、反転: すでに自然にバランスを保てることが出来る子ども向けです。子どもが横向きになって呼吸をするための水面探しをするように、バランスを崩します。その後は片手で肩を押し、もう片方で肩の下から引っ張り360度ゆっくり回転を行います。近い位置で、子どもが水面を認識するようにします。

 

Motor expresivity

■表現力の動きを練習していきます

At this stage the baby has control of her natural body environment adaptation mechanisms and will use them as a way to express herself in the water.

この段階では自然な環境に適応し、水の中で自身を表現することができます。

 

― Turning over: from feet to head and the opposite; a hand on her buttocks and the other one on her neck. With a rhythmic movement we will push from the buttocks up to the vertical letting her fall on her belly; we will shoe her the way out to the surface keeping our hand with her to show her the movement.

– 水中での寝返り、回転: 足首の先から頭までとその逆について: 片方の手でお尻を支えもう片方で首を支えます。リズミカルな動きにより、お尻を垂直方向へ持ち上げ腹部から降ろします。子どもを手で支え水面へ導く動きを教えます。

 

― Jump: once she answers to unbalancing situations, we will be able to practice some kind of falling. This is basically from one year on.

– ジャンプ: バランスの悪い状態に反応できるようになったら、水に落ちる練習を始めます。ジャンプは基本的に1歳から行います。

 

― Movement through the water: different kinds: with her arms or legs o both at the same time, alternating, on her back or on her belly.

– 水中での動き: 背中または腹部を水に浸けた状態で体の様々な箇所、例えば腕または足、両方で交互に動かします。

=============================

Source:ALPE FOUNDATIONA(和訳:GTA)

Swimming exercises for children with achondroplasia. Barreal for Fundación ALPE 2012

2 件のコメント

  1. うらら 返信

    久方ぶりにコメントさせていただきます。
    今年で35歳になりますが、骨延長したこともありまだ自力で歩行運動できますが、人によっては若い段階から狭窄で歩行困難な人もいます。
    これは骨延長したから歩行が経年したからというのと無関係ではあると思いますが、負担ない運動アプローチてもうちょい確立されていいかなて思うんですよね。
    個人的にはつうか自分がやってるからてのがありますが、現状では骨延長後の筋肉トレーニングとストレッチしかないのかなぁ。それも治療ではなく自力自費ですが。
    進行中の治療法と現実可能なアプローチから何か生まれることがあると良いんですがね。

    • eihakuitooka 投稿者返信

      うららさん、お久しぶりです。お元気でしたか?そして同い年だったんですね。

      確かに若い段階で歩行困難な方になる方については稀に見ます。(なぜか欧米の患者会合では見にしませんでした)
      米も欧州も筋力を付けることで、適切な骨格を維持するアプローチは子どものころから推奨されています。
      日本ではどうなんですかね。。。

      合併症を抑えるアプローチは新薬よりもずっと大事だとの認識のもと、今面白い企画を考えています。
      少し先になりますがご案内できることを祈念して。

コメントを残す