Lifetime Impact of Achondroplasia Study in Europe-LIAISE (LIAISE) / 欧州での軟骨無形成症に関する生涯の影響に関する研究(LIAISE)

世界中の治験データベース「ClinicalTrials.gov」にて、軟骨無形成症に関する生涯の影響に関する研究が欧州のクリニカルセンターにて実施されることが2月28日付で掲載されました。研究期間は2017年12月―2019年4月を予定。研究成果は今後のヘルスケア用途として利用されます。

It was posted the titled “Lifetime Impact of Achondroplasia Study in Europe-LIAISE” on 28th Feb. at “ClinicalTrials.gov” which is a database of privately and publicly funded clinical studies conducted around the world. The duration of the study is for December 2017 – April 2019. The main outcome measure will be healthcare resource use.

仮訳およびオリジナルの開示文書(抜粋)は次のとおりです。
The tentative translation and the original disclosure document of its excerption are as follows.

=========================================================

概要

5-70歳の軟骨無形成症の被験者における病的負担を調査する観察研究。この研究では、以下の項目に関するアンケートと臨床データを通じて、軟骨無形成症の各人に与える影響について5年間調査します。

  • 臨床的負担
  • 医療リソースの使用
  • 社会経済的負担
  • 心理社会的負担

ドイツ、スペイン、イタリア、スウェーデン、デンマークのクリニカルセンターにて最大300人の被験者を対象にします。

Brief Summary:

Observational study looking at the burden of illness in achondroplasia subjects aged 5-70. The study will include a 5 year review of historical clinical data as well as a single point collection of questionnaire data to look at the impact on the following in individuals with achondroplasia versus a normative population:

  • Quality of life
  • Clinical burden
  • Healthcare resource use
  • Socio-economic burden
  • Psychosocial burden

Up to 300 subjects will be included in sites in Germany, Spain, Italy, Sweden and Denmark

=========================================================

コメントを残す